住まいの維持管理と積立金

(一社)住宅長期支援センターは、安全・快適に「住み継ぐ住まい」に向けて、「住まいの維持管理」と維持管理に伴う「メンテナンス費用の積立て」を推進しています。

 

マンションでは当たり前になった「修繕積立金」は、建物が安全に、快適に、長く保つように、そこに住まう住民が費用を積み立て、修繕計画に沿って、外壁の塗り替えや配管のメンテナンス等を行っています。戸建て住宅も同じで、建物が悪くなってしまう前に、維持管理・メンテナンスが必須で、その為には、その費用が必要になります。

 

センターは「戸建住宅修繕積立サポートシステム」で、会員企業をサポートしています。