登録とサポートの流れ

住宅履歴情報を蓄積するだけでなく、定期的な点検も実施します。

当支援センターの会員となっている工務店が、お住まいの方の登録を仲介します。お住まいの方が直接登録を希望される場合は、当支援センターで、点検を行うことができる会員の工務店(点検登録店)を紹介いたします。

いえかるて登録の流れ

1.登録できる住宅 

 新築、既存住宅を問いません。また、戸建て住宅だけでなく、マンション・アパート、店舗、施設等も可能です。

2.登録申請は誰が行う?    

 当支援センターの会員事業者が登録申請を行うことができます。工務店など事業者が登録を行う場合は、原則、会員登録をお願いしています。

 消費者・住宅所有者が、自らが登録することもできます。この場合は、定期点検、維持管理を行う点検登録店を当支援センター会員から紹介いたします。

3.登録コースとサポート期間

 登録サポート期間は10年間です。10年目において、サービス終了にかかわる意思表示が無い場合は、自動的に10年間、最長期間まで延長しサポートします。

しっかりサポート・松コース

サポート・竹コース

梅コース(中古住宅のみ)

最長75年

最長30年

15年間

 点検のご案内は、登録半年後、1年後、2年後、5年後、その後5年ごとに行われます。

価格とメニュー詳細

4.情報蓄積・閲覧の方法

住宅の所有者様に、「登録住宅®いえかるてWeb」にアクセスするための、IDとパスワードをお伝えします。いつでもご自身で直接履歴情報を蓄積したり閲覧したりすることができます。

なお当支援センターの会員事業者に依頼して情報を蓄積することもできます。会員事業者向けに、あなたの住宅履歴情報にアクセスできる「WEB利用者ID」とパスワードを発行しますので、会員事業者はマニュアルに沿って蓄積作業を行うことができます。

事業者に依頼する場合には、蓄積依頼書に押印の上、当支援センターに申請してください。

登録住宅いえかるてWEBマニュアル 住宅所有者用

5.定期点検ご案内サポート  

teikitenken 会員事業者様にはメールで、住宅所有者様にはハガキで通知いたします。通知が届きましたら、双方連絡調整の上、点検日を決めて実施しましょう。

定期点検結果は、WEBに蓄積しましょう!!

特に長期優良住宅認定住宅や地域型住宅ブランド化 事業、省エネ等の補助金を受けた住宅は、維持管理 が義務となっています。

 財務省関連の検査も想定されていますので、 しっかり定期点検情報を蓄積しましょう!!  

6.配布書類・資料 

「登録住宅いえかるて」に登録された方には、当支援センターから、各種資料等を送付させていただきます。

「登録住宅いえかるて」証明証

syoumeisyo-s

 

 

 

 

 

 

住まいの管理手帳戸建て編

10-1

 

 

 

 

 

 

住まいのお手入れ 冊子

10-2a

10-2b10-2-2

  • WEB利用マニュアル
  • 住まいのお手入れメールマガジン(月1回)
  • 長期(50年)維持管理保全計画(会員事業者限定)