「住宅メンテナンス診断士」とは?

「住宅メンテナンス診断士」は、住宅の維持管理やメンテナンスについて適切にアドバイスをし、維持保全計画を立て、計画に沿って修繕を行う、中長期的に住宅を見守る専門家、「住まいのかかりつけ医」のような存在です。

一般的な「インスペクション」は、主に中古住宅の売買の際や一時点での住まいの健康状態を確認する「点」での行為に対し、「住宅メンテナンス診断士」は中長期的な視点で住まいと関わる「線」の行為です。

 

 

 

具体的な業務の流れは、定期的に住宅の点検を行い、定期点検の報告書を作成し、維持保全計画も含めて住宅所有者にご説明の後、お渡しします。

不具合箇所があれば早期に修繕を行い、すぐに修繕の必要がない場合は、経過観察の旨を報告書や維持保全計画書に明記します。

 

「住宅メンテナンス診断士講習会」は、「住宅メンテナンス診断士」の資格取得が出来る、「住宅の維持管理・メンテナンスの基礎講習」として、2003年より毎年開催しています。

 

<参考>