住宅メンテナンス診断士講習会

「住宅メンテナンス診断士講習会」は、「住宅メンテナンス診断士」の資格取得が出来る、「木造住宅の維持管理・メンテナンス」の基礎技術の講習会です。

 

第1回目の開始(2003年)より、国土交通省住宅局様、一般社団法人住宅リフォーム推進協議会様より、後援名義を頂いて開催しています。

 

参加要件はございません。どなたでもご受講頂けます。

 

★ 住宅メンテナンス診断士とは?

★ 開催概要チラシのダウンロードは、こちら

★ インターネットからの申込(講習会申込みフォーム)は、こちら

★ 過去の開催実績は、こちら

 

第41回住宅メンテナンス診断士講習会<大阪会場>

日時:2018年8月7日(火)

①講習及び資格認定試験コース 9:25~16:50

②講習コース 9:25~15:55

会場:新大阪丸ビル別館 4階 4-1会議室

大阪市東淀川区東中島1-18-22 (JR・地下鉄「新大阪」駅 東口下車 徒歩約3分)

定員:各回80名

先着順、定員に達し次第受付終了。

参加費用:

①-1 講習及び資格認定試験コース(一般) 27,000円(税込)

①-2 講習及び資格認定試験コース(会員) 23,760円(税込)

②-1 講習コース(一般) 19,000円(税込)

②-2 講習コース(会員) 15,000円(税込)

※会員とは、(一社)住宅長期支援センターの会員企業にご所属の方です。

お振込み先:

三井住友銀行 天満橋支店 普通 1612563
一般社団法人住宅長期支援センター(イツパンシヤダンホウジン ジユウタクチヨウキシエンセンター)

※振込手数料はご負担お願い致します。
※受講者の都合によるキャンセルや受講を中止した場合、受講費用の返金は出来ませんが、次回ご受講いただけます。

 

第42回住宅メンテナンス診断士講習会<東京会場>

日時:2018年11月6日(火)

①講習及び資格認定試験コース 9:25~16:50

②講習コース 9:25~15:55

会場:全水道会館 4階 大会議室

東京都文京区本郷1-4-1 (JR「水道橋」駅 東口下車 徒歩約2分)

定員:各回80名

先着順、定員に達し次第受付終了。

参加費用:

①-1 講習及び資格認定試験コース(一般) 27,000円(税込)

①-2 講習及び資格認定試験コース(会員) 23,760円(税込)

②-1 講習コース(一般) 19,000円(税込)

②-2 講習コース(会員) 15,000円(税込)

※会員とは、(一社)住宅長期支援センターの会員企業にご所属の方です。

お振込み先:

三井住友銀行 天満橋支店 普通 1612563
一般社団法人住宅長期支援センター(イツパンシヤダンホウジン ジユウタクチヨウキシエンセンター)

※振込手数料はご負担お願い致します。
※受講者の都合によるキャンセルや受講を中止した場合、受講費用の返金は出来ませんが、次回ご受講いただけます。

 

カリキュラム(予定)

第1講 住宅のメンテナンスとその診断(60分)

これまでの住宅の維持管理・メンテナンスに関する国の施策、維持管理・メンテナンスの基礎と重要性、住宅メンテナンス診断士の役割、維持管理・メンテナンスをサポートする仕組み(住宅履歴情報:いえかるてなど)について解説します。

第2講 住宅メンテナンス診断業務の基本と流れ(60分)

2013年に国交省が発表の「既存住宅インスペクション・ガイドライン」の一時的インスペクションの概要とコンプライアンス、点検・調査の実際の流れ、使用する機器や服装、分かりやすい報告書の形式などについて解説します。

第3講 木材劣化とその診断技術(90分)

木材劣化のメカニズム、木材腐朽菌の基礎と事例・診断の注意点、シロアリの基礎・蟻害が発生する箇所と事例、甲虫類(ヒラタキクイムシ)の基礎と事例について解説します。

第4講 外装の劣化と診断(60分)

屋根、外壁、ベランダ、基礎等の外装は、雨、風、紫外線等の影響をダイレクトに受け、一番劣化が進行する部位です。外装劣化の基礎、発生しやすい箇所、診断のポイントについて解説します。

第5講 既存住宅流通市場と住宅メンテナンス診断士(30分)

既存住宅流通市場の現状と既存住宅流通市場を促す施策(宅建業法改正や安心R住宅等)やビジネス、住宅市場における診断士の位置づけについて解説します。

 

講習会テキスト

「住宅メンテナンス診断士講習会」のテキストは、受講日当日にお渡し致します。テキストは受講費用に含まれています。また、テキストのみの販売はしていません。

 

講習会当日、講師が使用するパワーポイントに添って講義を奨めます。

テキストは、パワーポイントのスライドと解説により、ビジュアルを多用し、今、どこを説明しているのかが分かりやすいように工夫しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A4サイズ、前ページカラー印刷、約100ページ

また、最新の情報をお伝えする為に、テキストは毎年、改訂しています。

 

 

下記のようなみなさまにご受講頂いています

・ 「住宅メンテナンス診断士」の有資格者として、お客様に信頼して頂く為。

・ 今までは我流で調査・点検していたが、その方法が正しいのかどうか再確認したい。

・ 新築工事が減少する前に、OB客様への定期点検をきっかけに修繕やリフォームの受注に繋げたい。

・ 中古住宅売買時に建物メンテナンス知識を持って建物状況を把握し、お客様に説明したい。

・ 建物全体のアドバイスができる害虫駆除事業者として、建築事業者との連携を強化したい。

・ 新入社員や中途採用社員の研修の場として活用。

・ 建てた後の木造住宅の維持管理・メンテナンスについて学びたい。

・ この春に住宅関係の会社への就職が決まり、入社前に住宅関連の資格を取得したい。

*******************************

 

「住宅メンテナンス診断士講習会」は、座学による、主に「資格取得講習会」です。

資格を取得してからがスタートです。

お医者さんは日々、多くの患者さんと接する中で診断技術が向上するように、「住宅メンテナンス診断士」も「資格取得」を出発点に、実践の中で経験を積み、メンテナンス診断技術の向上に日々の努力が必要です。

 

「住宅メンテナンス診断士講習会」への奮ってのご参加をお待ちしています!