「登録住宅いえかるて」のメリット

何をするの?

住宅の設計図書を中心とした履歴情報を保管し、維持管理のサポートを行なっています。

設計図のほか、点検や補修 記録など、住宅の維持管理に役立つ情報を「登録住宅®いえかるて」のWEBサイトで保管するほか、新築引渡し後半年目から「点検登録店」による定期点検のご案内も行います。

住宅事業者とともに世代を超えて家をサポートしています。

どんなメリットがあるの?

住宅履歴が「登録住宅いえかるて」に登録されていることは、住宅の維持保全がしっかりしている証拠になります。住まれている方が、安全で快適なすまいに安心し て住み続けられるだけでなく、次、次々の世代の方にも安心していただけます。

またご自身でも、リフォームの時「壊してみないとわからない」や「こんなはずではなかった」とのトラブルの防止や解決に役立っています。

中古住宅の購入を検討される方にも、新築時やリフォーム工事の情報やお手入れの情報があることは安心材料として喜んでいただけ、家を大事にされている売り主さんと好評です。

住宅履歴のある家は、住まい手が納得、満足する真の財産となります。

※「いえかるて」には、見積金額や、 ローン関係等の個人情報は含まれません。

◎安心

  • 登録期間は最長75年間
  • 定期点検のご案内を差し上げます
  • 計画的な維持保全ができます

◎快適

  • 24時間365日いつでも何処からでもアクセス可能です
  • 大容量750MB

◎信頼

  • 一級建築士による審査体制
  • 「登録住宅いえかるて」証明証発行
  • 「点検登録店」ご案内 「いえかるて」が蓄積され、定期点検記録が蓄積された家は、買主に安心と信頼をもたらし、中古住宅 市場で評価されます。
  • 全国で一つしかない「共通ID」 →共通IDとは:一般社団法人住宅履歴情報蓄積・活用推進協議会
  • 建材や設備機器等のリコールに対応

◎安全

  • 利用者IDとパスワードで、あなたの家の情報が管理されます

「登録住宅いえかるて」の開発経緯

一般社団法人住宅長期保証センターは、平成28年4月より、NPO法人住宅長期保証支援センターが進めてきた「登録住宅いえかるて」を引き継いで運用しています。

NPO法人住宅長期保証支援センターは、時代の流れをいち早く捉え、平成14年NPO法人として設立。以来、住宅の長寿命化のテーマで住宅事業者と 住宅所有者の良好な関係維持のために諸活動を行なっています。21世紀の住み継ぐ住宅に必須である「住宅履歴」は、平成15年度より「登録住宅制度」とし て取り組んでまいりました。

メンテナンス診断士講習会をはじめ、様々な研究や活動を重ねながら「登録住宅制度」を推進し、平成18年に、住宅履歴整備の先駆的取り組みとして「社団法人都市住宅学会の業績賞」を受賞いたしました。

そして、平成20年の国土交通省第1回長期優良住宅先導的モデル事業「維持管理」部門で採択され、登録住宅制度のWEB版の開発に着手。「登録住宅制度」に基づき、住宅の長寿命化サポート事業を運営してまいりましたが、さらに今回、事業者が住宅履歴作成システムを活用して住宅履歴デー タの入力・保管を簡単に行なうことが出来るだけでなく、施主・買主等の住宅所有者も情報の蓄積・更新・活用できるシステムを提案し採択されました。

住宅履歴整備は、住宅所有者が主体となって整備されるものですが、その作成に当たっては住宅事業者の参加、協力が必須となります。又 引き渡し後の長期間に及ぶ住宅のサポートと履歴の保存、更新および消費者への維持管理に関する様々な啓発活動は第三者機関のサポートが重要となってきま す。NPO法人住宅長期保証支援センターが第三者機関の役割を担うことは、住宅所有者への長期間のトータルサポートを実現し、安心と信頼をお届けすること につながります。