情報提供 ★国土交通省 令和3年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の募集を開始!

4/9(金)に、国土交通省より、令和3年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の募集を開始されました!

1、対象事業
以下の(1)、(2)を満たす戸建住宅又は共同住宅のリフォーム工事
(1)インスペクションを実施し、維持保全計画・履歴を作成すること
(2) 工事後に耐震性と劣化対策、省エネルギー性が確保されていること
2、補助対象費用
・性能向上リフォーム工事に要する費用
・子育て世帯向け改修工事に要する費用
・インスペクション、維持保全計画・履歴作成に要する費用 等
詳細は、国土交通省ホームページのご確認をお願い申し上げます。
尚、作成された履歴情報は、(一社)住宅履歴情報蓄積・活用推進協議会の正会員である、当センターの「登録住宅いえかるて」をご活用頂きましたら幸いです。
住宅履歴情報は、蓄積が第一歩ですが、蓄積された情報の活用(例えば、前回の点検結果で経過観察部位の確認、比較等)がメインになります。
詳細は、お気軽に事務局へお問合せくださいませ!
●電話:06-6941-8336 平日9時~17時
●メール:info●holsc.or.jp   ※●はアットマークに変換をお願い致します。

情報提供 ★ニュースレター最新号(vol.16)を発行!

当センターのニュースレター最新号(vol.16)を発行しています!

 

1ページ目は、藤井義久副理事長(京都大学大学院 農学研究科)からのご挨拶

2ページ目は、「住まいの維持管理支援事業」のご案内

3ページ目は、「2021年度 住宅メンテナンス診断士講習会」のご案内

最終ページは、今年度総会 及び 記念講演会のご案内です。

 

ご高覧賜りましたら幸いです。

 

●ニュースレター vol.16

https://www.holsc.or.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/9b77c719ac6e4a6d3a7aab9f19f16556.pdf

 

情報提供 ★令和3年度地域型住宅グリーン化事業 グループ募集が開始されました!

2021年度に入りました。

今年度も引き続き、センターにご支援、ご参画賜ります様、宜しくお願い申し上げます!

 

さて、4/1に国交省より、「令和3年度 地域型住宅グリーン化事業 グループ募集開始」の発表がございました。

 

●国土交通省ホームページ

https://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000991.html

 

長期優良住宅は、30年間の維持管理が求められています。

センターは、「住宅履歴情報:いえかるて」の保存・活用で、事業者様 及び 住宅所有者様へ維持管理サポートを実施しています。

是非、ご検討、ご活用頂きます様、宜しくお願い申し上げます!

 

尚、zoomでのオンラインショートセミナーも実施しています。

センターの維持管理サポートについて、詳細をお伝え致します。

お問合せ、お申込は、事務局までお願い申し上げます。

メール:info●holsc.or.jp (●をアットマークにして送信くださいませ。)

電話:06-6941-8336 (平日9時~17時、土日祝休み)

 

新たな住生活基本計画 ★点検と「住宅履歴情報:いえかるて」の推進が明記!

先週の3/19(金)に、「新たな住生活基本計画」が閣議決定されました。
a
●国交省ホームページ
a
●新たな住生活基本計画の概要
a
「新たな住生活基本計画 目標6」の「基本的な施策」として、下記が記載されています。
a
●長期優良住宅の維持保全計画の実施など、住宅の計画的な点検・修繕 及び 履歴情報の保存を推進
a
センターが「長く住み継ぐ住まい」を目的に一貫して取り組んでいる、「計画的な定期点検の実施」と「住宅履歴情報:いえかるて」の蓄積・活用が、明記されている事が嬉しいです!
a
また、計画の成果目標として、「住宅性能に関する情報が明示された住宅の既存住宅流通に占める割合」は、令和12年に50%の目標が掲げられています。
2戸に1戸は「いえかるて」がある住宅、という計算になります。
「いえかるて」がある住宅は当たり前の時代が、すぐそこまで来ています。
是非、お客様の住まいをサポートするセンターの仕組みをご活用ください!
a
※定期点検案内サポート、住宅履歴情報の登録サポートはこちら
a
※点検、調査、診断等の実務を担う人材育成サポートはこちら

情報提供 ★アスベスト対策法の施行 資料及び説明動画等のご案内

アスベスト対策法の施行について、以下、ご案内申し上げます。

 

大気汚染防止法の改正に伴い、環境省より、アスベスト飛散防止対策についての説明動画と、チラシ及びリーフレットが公表されました。

 

● 改正大気汚染防止法について

環境省ホームページURL:http://www.env.go.jp/air/post_48.html

 

● 改正法に係る説明動画について

動画掲載URL:https://youtu.be/r9Gatt0ZQY4

説明資料掲載URL:https://www.env.go.jp/air/air/osen/R1-Main17.pdf

 

● チラシ及びリーフレットについて

チラシ掲載URL:https://www.env.go.jp/air/air/osen/R1-Main15.pdf

リーフレット掲載URL:https://www.env.go.jp/air/air/osen/R1-Main16.pdf

 

●「建築物等の解体等に係る石綿ばく露防止及び石綿飛散漏えい防止対策徹底マニュアル【暫定版】」

 https://www.env.go.jp/air/asbestos/post_71.html

 

当該マニュアルについては、新たに大気汚染防止法の規制対象となった石綿含有成形板及び石綿含有仕上塗材の廃棄方法に関する事項を除いたものが【暫定版】として取りまとめられています。当該破棄方法に係る事項以外については、確定した内容となっています。(なお、決定版は今年度末頃に公開予定)

 

以上、宜しくお願い申し上げます!

情報提供 ★国土交通省 グリーン住宅ポイント制度の対象建材・設備の具体の型番を公開!

日頃はセンターにご支援、ご参画賜り、厚く御礼申し上げます。

 

さて、3月1日、国土交通省より、グリーン住宅ポイント制度の対象建材・設備の具体の型番が公開されましたので、情報提供申し上げます。

 

● 国土交通省ホームページ

https://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000986.html

 

● 制度に関する問い合わせ先(グリーン住宅ポイント事務局)

https://greenpt.mlit.go.jp

※第2回以降の型番登録スケジュールは、上記、「グリーン住宅ポイント事務局」ホームページをご確認ください。

 

以上、宜しくお願い申し上げます!

会員様へ ★第10回トラブル事例に学ぶ研究会 開催報告の件 

会員様へ

 

2/8(月)に開催の「第10回トラブル事例に学ぶ研究会」の内容をまとめました「開催報告」は、センターのホームページ「会員専用」サイトに掲載致しました!

 

●会員専用サイト(会員様には別途ご案内済です。)

https://www.holsc.or.jp/members/seminar/

 

大変ご多用の事かと存じますが、ご一読賜りましたら幸いです。

 

また、トピックスとして情報提供・ご指導賜りました、「改正建築物省エネ法の説明義務制度」は、新たに創設された説明義務制度で、この4月から施行されます。

 

国交省ホームページにて、説明義務制度の概要、オンライン講座の案内、Q&Aの他、お客様用の広報ツールや、制度概要の動画が配信されています。

https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/shoenehou.html

 

以上、宜しくお願い申し上げます!

情報提供&ご報告 ★改正省エネ法 及び 第10回トラブル事例に学ぶ研究会

昨日は、会員限定の勉強会「第10回トラブル事例に学ぶ研究会」を開催致しました。

講師は、弁護士法人 One Asia 大阪オフィス 弁護士 江副哲先生です。

今回は、参加会員様の要望により、「改正建築物省エネ法の説明義務制度」について、今年4月から床面積300平米未満の小規模住宅・建築物の設計に際して、建築士から建築主に対して、省エネ基準への適否等の説明義務がスタートするに伴い、「弁護士から見る注意点」について、ご解説頂きました。また、多くの会員様より質問を頂きました。

その他にトラブル事例として、「コンクリートのひび割れ」や「補修工事中の事故の責任の所在」を取り上げてご解説頂きました。

勉強会の内容は、後日まとめたものを会員様へ情報提供申し上げます。

 

尚、「改正建築物省エネ法の説明義務制度」の詳細は、国交省ホームページにてご確認をお願い致します。勉強会も開催されています。

https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/shoenehou.html

 

情報提供 ★国土交通省 グリーン住宅ポイント制度の準備を本格化!

国土交通省ホームページより、1/28に、令和2年度第3次補正予算が成立したことを踏まえ、一定の省エネ性能を有する住宅の新築やリフォーム等に対して、商品や追加工事と交換できるポイントを付与する「グリーン住宅ポイント制度」について、ポイント発行申請の受付の開始に向けた準備を本格化するとの発表がございました。

 

今後のスケジュール(予定)は、以下の通りです。

・ポイント発行の対象となる建材・設備の募集開始 → 1月28日~
・事務局ホームページの開設 → 令和3年2月中旬
・ポイントの交換対象となる商品の提供事業者の募集開始 → 令和3年2月中旬~
・ポイント発行の対象となる建材・設備の公開 → 令和3年3月上旬
・ポイント交換の対象となる商品の公開 →  令和3年3月下旬
・ポイント発行申請の受付 → 令和3年4月~遅くとも令和3年10月末(※)
・ポイントの追加工事への交換申請の受付 → 令和3年4月~遅くとも令和3年10月末(※)
・ポイントの商品への交換申請の受付 →  令和3年6月~令和4年1月15日
                                                     (※)予算の執行状況に応じて公表。

 

詳細は、国土交通省ホームページをご確認くださいませ。

https://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000980.html